住宅診断士かんたん検索

エリアから探す

住宅診断士かんたん検索

最寄駅からさがす

住宅診断士かんたん検索

× 乗車時間
物件タイプほか

住宅診断士かんたん検索

フリーワード検索

住宅診断士かんたん検索

住宅診断士無料紹介はこちら
 

後悔しないための中古物件の選び方(詳細編)

2018-05-16 14:23:06 一般会員の方向け
みなさんこんにちは!

中古物件を選ぶときに色々とポイントがあることは皆様ご存知と思いますが、
住宅診断でよく言われることも含めて気を付けたほうが良いポイントをご紹介いたします。


------------------------------------------------------------

壁の亀裂
これは単に塗装剥がれだったらよいのですが、
家の構造上の問題で生じたものだったり、
地震など振動で生じたものであったりすると、
内部にも影響がある可能性があり気を付けなければいけないそうです。

基礎の傾き
簡単に言いますと「家を支える土台が傾いているかどうか」だそうです。
その土地の固さやらに左右されるようです。
家の傾きは、全構造に影響するので早々に直した方が良いですね。

陽の当たり方
これは皆様もよくご存知と思うので割愛させていただきます。

動線
炊事、洗濯などの家事、勉強、就寝、トイレ、出入りなどの
日常の動線をよくよく見て。想像して、
できればロープレ(疑似行動)して確かめてみましょう。

家具の置き場や出入り口の大きさ
家具を置く場所についての大きさを確認することは
皆様していると思いますが、意外と盲点なのが、
家具の搬入経路の確認です。
特に都市部において多いのが、スペースはある程度あり、
大きな家具を入れたいと思い、購入したはいいが、
搬入口が小さくて結局家に入らなかったというケースもあります。
ここは、内覧のときにメジャーをもっていって確認をおすすめします。

コンセントの位置や数を確認
意外と不便を感じたりするのがコンセント周りです。
家電は基本的にコンセント周りに設置することが多いと思うので、
先にレイアウトを考えるより、コンセントを確認してのレイアウト設計を
お勧めします。
また、コンセントの数が少なくても不便と思いますので
そこも気にして見てみてください。

傷み
その他、壁、窓のサッシ、床下(基礎)など色が変わっていたり、
ぶつぶつができていたりと何かしら異変を感じたら素直に
担当者に聞いてみましょう。

記録
リフォームやインスペクション(点検)などの
記録はしっかりと残っているか。
※今だと「家かるて」というものがおすすめです。

屋根
屋根瓦などしっかりしていて雨漏れはなさそうか。

通気性
通気性が悪いと腐りなどの原因になります。
通気口、換気扇、窓などがちゃんと設けられているか。

水回り
排水溝のにおい、水のにおい、水圧(これ意外と大事)、
などをしっかりと確認しておきましょう。


特に大通りに近いときは大通りの音、
家の場合は、設備機器などの音、
(可能であれば)ご近所騒音などなど
を確認しておいた方が良いですね。

その他
気になるところがあったらどんどん写真を撮って後日参考にできるように
しておきましょう。
なんだかんだ記録に残っていないと業者さんも動いてくれないので。
また防犯性、スピリチュアルなもの、学校やスーパー、病院などの周辺施設
もあると思いますがこちらは割愛します。

------------------------------------------------------------
※赤文字は住宅診断時に確認する部分です。


以上、上げてみましたが、個人の希望や将来像により
必要なものもどんどん変わっていくと思いますが、
少しでも参考になれば幸いです。


家を買うということはもちろん大きな人生のイベントですので、
失敗しないように慎重にいきたいですね。

そうした中で「家、大丈夫かな?」というご心配がありましたら、
建物や住宅設備の状態などをプロの目で見て点検する
「住宅診断」をご利用してみることも
一つの安心を買うことやリスクを回避する方法だと思います。


そこで、よろしければ当社の
「プロの診断士(建築士)のみ」を揃え、
・どこの建築会社に絡まず 「中立」
・いつでも自分の 「好きに検索」できる
・ご不明点が多い方には 「当社コンシェルジュ、顧問診断士のサポート」も無料で受けられる
当サービス『ホームインスペクターズ』をご利用してみてください。

まずはコンシェルジュがご不安にお答えします
(※とりあえず話を聞きたいという方も歓迎です!その場合は上記リンクから
  問い合わせページに遷移しますのでそのページの「その他」をご選択くださいませ)